> ローコスト住宅の選び方

賢いローコスト住宅の選び方は?

ローコスト住宅も最近は非常に増えてきており、『どのローコスト住宅が良いの?』と悩まれる方も多いと思います。

良質なローコスト住宅のポイントがいくつかありますので、紹介したいと思います。

ローコスト住宅の賢い選び方は?

歴史の長いローコスト住宅メーカーである。

ローコスト住宅メーカー様でも経緯は色々です。 私がローコスト住宅を調べる中で見かけた例を挙げてみたいと思います。

1.長年住宅に関わってきた工務店やハウスメーカーがローコスト住宅としてブランドを立ち上げる

2.全く新規の業者がローコスト住宅を立ち上げる

3.1と似ていますが、長年ハウスメーカーとして実績を上げており、その事業はそのままで、新たな事業部としてローコスト住宅ブランドを立ち上げる

4.ある程度住宅を建築する会社でやってきており、ローコスト住宅を立ち上げたけれどもまだ歴史が浅い。

だいたいこの4つのパターンのどれかに該当すると思います。傾向としてましては、どうしても長年住宅建築に携わってきた業者の方が信頼度や施工技術は高い傾向があります。

ローコスト住宅のホームページなどを調べると、ローコスト住宅を施工している会社名が分かると思います。その会社がどんな経緯を辿ってきたのか調べれば、ある程度【どれ位の期間どんな実績を残してこられた会社か?】というのは分かると思います。

その会社の経緯もローコスト住宅選びの一つの要素として考慮するのが良いと思います。


施工に無理が掛かっていない

ローコスト住宅で一番問題が起こりやすい面が施工品質と言えます。この部分は業者によって大きく異なりますし、表面に見えにくい部分ですので難しい面があると思いますが、施工に無理が掛かりやすい原因がいくつかありますので、上げてみたいと思います。

1.企業自体の歴史が浅く、施工品質のノウハウが確立していない。

2.企業自体の歴史はある程度長いけれども、急速に拡大しており質の高い人材確保が間に合っていない。

この部分も企業の歴史とリンクする内容と思いますが、やはり質の高い作業員は簡単に育成出来る物ではないと思います。ローコスト住宅メーカー様でも、年間施工棟数を制限して施工品質を維持していたり、地元密着で無理な拡大をせずしっかりとされている業者もあります。 その辺りもしっかりと検討しながら、施工品質を守っていけそうな業者を選ぶことも大切だと思います。

信頼出来るローコスト住宅は歴史が長く、年間施工棟数を制限

実際に建てたブログ等に大きな問題が無い

私自身も、ローコスト住宅を建てる際に掲示板や2chやブログ等、色々な情報を調べました。

特に悩まされたのが掲示板や2chの書き込み内容です。良い口コミが並んだと思えば、極端に悪い口コミが続いたりと「どっちが本当なの??」と悩まされる事が余りに多かったからです。

後々よく考えると、掲示板の書き込みは匿名性が非常に高く、ライバル会社が悪い口コミを書く事も簡単ですし、ローコスト住宅なんて安かろう悪かろうでしょ?みたいな思い込みで書き込みされる方もおります。

掲示板の情報が全て嘘とは思いませんが、真実の情報を探す事が非常に難しいというのをすごく感じました。

その点、ブログは匿名性はありますが書いている人は一定ですし、基本的に起きた事をそのまま記載する事が殆どで非常に信ぴょう性が高いのを感じました。

実際にブログの多くは建築状況を日ごとに追っていく形が多いので「何が分かるの?」と思われるかもしれませんが、【大きなトラブルもなく完成までスムーズに行っている】という事は良質なローコスト住宅メーカーである可能性が高いと言えます。

残念な事に、ローコスト住宅の建築状況をブログにされている方はまだまだ少なく、ブログの情報を得る事は簡単ではありませんが、調べる価値は十分あると思います。


口コミで広がっている

口コミで広がっているかどうかも、良質なローコスト住宅メーカーであるかどうかを判断する良い材料だと思います。

最近はSNSなどで口コミが急速に広がりやすい社会環境ですし、口コミもある程度信頼度の高い情報だと思います。

ローコスト住宅選びのまとめ

良質なローコスト住宅メーカーを選べるかどうかは、家づくりを成功させるかどうかを大きく左右させる非常に重要な内容です。

選んだハウスメーカーが良質であれば、施主がそこまで苦労しなくても良質な家づくりをする事が可能です。

逆に悪質なハウスメーカーに出会ってしまうと、どんなに施主が努力しても様々なトラブルが生じたり、瑕疵が出てきたり等、難しい面が出てくると思います。

ぜひ良質なハウスメーカー選びをされる事をお祈りしております。