> おしゃれなローコスト住宅

おしゃれなローコスト住宅について

ローコスト住宅でもデザインや外観にちょっとこだわりたい方も多いと思います。  ローコスト住宅メーカーを200社以上調べて感じる事をまとめてみたいと思います。


輸入住宅のローコスト住宅

おしゃれなローコスト住宅で一番目に留まったのは輸入住宅のローコスト住宅です。 

北欧風の家や北米風の家など、通常のハウスメーカーとはちょっと違うテイストの住宅を提供しておりました。輸入住宅は元々の企画自体が海外の家でおしゃれという事もありますので、ローコスト住宅とおしゃれを両立しやすい傾向があるのかもしれません。

正直、輸入住宅のローコスト住宅メーカー様は多くありませんので、選択できる方はそこまで多くないのかもしれません。 また輸入住宅でも地震国家の日本に合わせて耐震強度もしっかりとされている傾向がありました。

北欧風のローコスト住宅

大手のローコスト住宅

次におしゃれなローコスト住宅で考えられるのは、ある程度大手のローコスト住宅メーカー様となります。

いくつかの県で展開されているローコスト住宅メーカー様であれば提案の幅が広く、プランやデザインがその分増える可能性が多くおしゃれなローコスト住宅になりやすい傾向があります。

 小さいローコスト住宅であればあるほど、やはり提案の幅やデザインの幅が狭くなる傾向は否めません。 ローコスト住宅自体がどうしても仕様や間取り、デザインをある程度絞る事によってコストカットしている事情がありますので、おしゃれにするというのは後回しになる傾向があり、仕方ない部分はあると思います。

但し、複数の県に展開しているローコスト住宅メーカー様でも急速に拡大されている企業の場合、施工品質や現場管理が手薄になる可能性もあります。 やはり人材を育てたり、高い施工品質を確立するにはある程度時間が必要になると思います。 その辺りもしっかりとされているローコスト住宅メーカー様かを見極める事もとても大切です。


完全注文住宅のローコスト住宅

ローコスト住宅でも中には完全注文住宅でのハウスメーカー様も存在しております。 完全注文住宅であれば、当然個性やライフプランが反映されやすく、おしゃれなデザイン性に富んだ家ができやすい傾向はあります。

但し、ローコスト住宅とはいえ完全注文住宅であればコスト的にはどうしても少し上がる傾向があります。おしゃれとローコスト住宅を両立するという事はそれ程簡単ではないのかもしれません。

完全注文住宅のローコスト住宅

デザイン重視でローコスト住宅を選択する。

ローコスト住宅メーカー様も、確かに仕様や間取りデザインなどをある程度絞る事でコストカットをされております。但し、最近はローコスト住宅メーカー様が増える傾向にあり、自分自身がおしゃれと感じるローコスト住宅メーカー様を選択するのも一つの方法かもしれません。 

但し、ローコスト住宅にも色々とありますし、耐震性に特化していたり、断熱に特化していたり、値段に特化していたりと様々ありますので、デザインを重視するという事は他の何かを犠牲にする可能性もあります。 全体のバランスをしっかりと考慮しながら、おしゃれなローコスト住宅を実現してみましょう。

おしゃれなローコスト住宅のまとめ

おしゃれとローコスト住宅は両立しにくい要素だと思います。 但し、最近はローコスト住宅メーカー様も増加しており、選択の幅は増える傾向にあります。 全体のバランスや、しっかり信頼できるローコスト住宅メーカー様であるのかどうか時間をかけて検証して正しい選択をされる事をお勧めいたします。