> カーテンの仕様と機能

カーテンの種類と機能

カーテンの種類

家づくりの最後の方に行うカーテンの選択、意外と色々な種類があります。個性のある家づくりのためにある程度知識をもって検討した方が良いかもしれません。

カーテンの様子

ダブルカーテン

一般的なカーテンの事で厚地のドレープカーテンと薄地のレースカーテンを組み合わせた物になります。2枚のカーテンを組み合わせますので、遮音や遮熱やUVカットなど様々な機能を持たせやすくお手入れも簡単です。我が家もレースカーテンは目隠しのタイプを利用していますが、かなり有効で外からは非常に見えにくい仕様でした。

ダブルカーテン

ブラインド

何枚にも重なっているパネルで目隠しをするカーテンです。 職場等で良く採用されていると思いますが、一般的な鉄製の物だけではなく、木製や布製の物などオシャレなブラインドも登場しておりますので、お部屋や用途に合わせて幅広く選択する事も可能です。また、パネルには横型と縦型もあり場所によって使い分けする事も出来ます。

ブラインドは掃除が少し面倒で手間が掛かる部類に入るのかもしれません。 最近はブラインド用の便利な掃除道具も出ていますので、それも考えても良いかもしれません。

ブラインド

ロールスクリーン 

布状のスクリーンタイプの目隠しです。 収納する時は巻き上げる形になり場所をとらないのでちょっとした小窓などに適しています。 ロールスクリーンには外して洗えるタイプと外す事が出来ず洗えないタイプの2種類があります。

洗えるロールスクリーンは水洗いが可能ですが、洗えないタイプははたきで埃を落としたり、クリーナーで拭き取る等でお手入れをしましょう。

ロールスクリーン

シェード

生地を折りたたむように開閉する、ちょっとオシャレなカーテンです。種類も豊富でデザイン性も高いので人気が上昇している種類のカーテンです。 洗濯などのお手入れ可能な製品も多いですが、取り外しや洗濯方法に手間が掛かる事が多く、メンテナンス以上におしゃれが気にかかる方におすすめなのかもしれません。


カーテンの性能色々

遮熱性能

カーテンの遮熱性能はよく聞く性能だと思います。 特に日光を遮って、真夏などの暑さを遮るのにとても有効です。 特に大きい窓などは日光の影響が非常に大きいですし、真夏の窓際の暑さは尋常ではない状況は経験された方も多いと思います。カーテンは1回設置すれば長く利用出来ますし、日々のエアコン代金に影響しますので、特に南側の窓などは遮熱性能を検討した方が良いかもしれません。

防音性能

最近はカーテンに防音加工をしたものが増えております。 ただし、音は空気中を伝わりますので2重窓などの防音性能と比べるとかなりおちますので過度な期待は禁物ですが、ある程度の音は軽減出来る程のカーテンも出てきています。外の騒音が気になる方は考えても良いのかもしれません。

遮光性能

遮光性能はカーテンには非常に期待できる機能だと思われます。 遮光には等級があり、1級が99.99%の遮光率 2級が99.80% 3級が99.40%でそれ以下は遮光性能なしとなります。 

最近は100%遮光まで表示する製品もある位性能の高いカーテンが増えています。 特に都会に住まわれていて、夜の光が気になる方や夜勤で昼間に睡眠をとるしかない方などは優先して遮光性能を選んだ方が良いかもしれません。

まぶしさを手で遮る様子

目隠し機能

一般的にレースカーテンについている機能で、ミラーレースカーテンとも呼びます。レースカーテンだけでも外から非常に見にくい仕様となっております。  以前はこのミラーレースカーテンは夜は逆に外から見えやすく中から外が見えにくくなる等が言われておりましたが、最近は夜でも見えにくい製品が登場しております。 我が家はそこまでの製品ではないので、夜にどこまで見えなくなるのかは分かりません。

ミラーレースカーテン

UV(紫外線)カット

UVカットもとても大切な機能と言えます。紫外線は当然お部屋の中でも侵入してきます。特に女性で紫外線が気になる方は気になる機能ですね。 最近はレースカーテンでもUVカット機能の製品がありますので、太陽の光もある程度入れながら紫外線は抑制されたい方はレースカーテンでUVカットをするのが良いのかもしれません。

太陽の日差しを浴びる女性

防災機能

防災機能のカーテンは簡単に言うと燃えにくい性能のカーテンです。火事の時に一番燃え上がり易いのはカーテンですので、カーテンの防災機能はとても大切なのかもしれません。 煙草をよく吸われたり、屋内で小型の七輪などを使って調理する方などは検討しても良いでしょう。


形状記憶

カーテンにはヒダがありますが、時間や選択の回数と共にだんだんヒダが無くなってきたりします。形状記憶のカーテンであればヒダの形状をある程度保つことも可能です。 家のオシャレに重点を置かれる方は導入を検討しても良いでしょう。

まとめ

一口にカーテンと言っても様々な種類や機能があります。 特にカーテンはお部屋の印象の中でとても大きなウエイトを占めています。 デザインも重要ですが、ライフスタイルに合わせて必要な機能をしっかりとチョイスして最適なカーテンを選びましょう。