> > 太陽光パネルの耐用年数

太陽光発電の耐用年数

どれくらもつのでしょうか?

太陽光パネル 耐用年数

太陽光パネルの耐用年数について


太陽光発電のパネルは非常に耐久性が高く、各社20年以上の保証を行っております。

人工衛星などにも太陽光パネルが利用されておりますが、実は家庭用に取り付けられているパネルと基本的には同じものを利用しており、パネル自体は問題が無ければ30年~40年以上もつのではないのかと考えられております。 

ただし、太陽光発電は歴史が浅く本当の意味でデータが揃っていないので確実な事が言えません。

太陽光パネル 人工衛星

ただ確実に言える事は、メーカー様自体は必ずかなりの余裕をもって保証期間を設定するのが通常です。 25年の保証をされているメーカー様がある事を考えると、30年~40年はもつ可能性も十分あると考えて問題ないでしょう。 

また、経年劣化から考えてみます。 経年劣化につきましてはパネルによって耐久性が変わってきますので、年間0.3%~0.5%程度の劣化が起こると言われております。 仮に毎年最大の劣化度合いである0.5%の劣化が起こると10年後は95%20年後は90%に発電能力が落ちる計算になります。 

ちなみに我が家の太陽光パネルは設置から5年が経過しておりますが、中国製であるにも関わらず殆ど経年劣化は見られない状態です。詳しくは別記事で紹介しております。

太陽光パネル 経年劣化

これを考えると各社メーカ様が10年後に90%、20年後に80%の保証となっているのはかなり余裕を持った数値であると分かります。

仮に30年後にパネルがかなり劣化し交換する必要性があった場合も、30年後にはソーラパネル自体かなり安くなってくる可能性もあり、またシリコンの単結晶型のソーラパネルよりもっと安く発電効率の良い製品が開発される可能性もあります。20年の保証期間内に初期費用を回収し、ある程度の資金を得る事が出来ればリスクは非常に低いと考えらえます。

太陽光パネル

パワーコンディショナーの耐用年数

また太陽光パネルの電気を家庭で利用できる電気に変換するパワーコンディショナーは10年~15年で交換が必要と言われております。パワーコンディショナー自体が20万程度と言われておりますが、内部の部品交換であれば5万円程度ですみます。ただし徐々に価格が下がっておりますので、10年後はだいぶお安くなる可能性もあります。

パワーコンディショナー

電気メーターの耐用年数

また、太陽光発電を行うと売電用のメーターと買電用のメーターの2個が取り付けられます。メーターは10年周期で交換が義務付けられております。買電用のメーターは電気会社の負担となりますが、売電用のメーターは私たち自身となります。売電用のメータを無料で交換して頂ける電力会社もありますが、地域によって違いますので確認が必要です。

売電メーター 交換

配線等々

あとはパネルを取り付けている架台や配線などの劣化も考えられますので、10年~15年に一回は点検をするのが好ましいでしょう。 パネル自体は非常に耐用年数が長く、各社メーカもかなり長めに保証期間を設定しております。 ですので、20年等の保証期間がある場合は出来るだけ早い期間に設備投資を回収できるように計画する事も大切です。