> > 初期投資0円の太陽光パネル

0円で太陽光パネル?

電力自由化で色々なサービスが増えています


太陽光パネル 初期投資

初期投資0円で太陽光パネル?

全ての費用をローンで賄い、初期投資0円というお話は昔からあるのですが、もっとリスクが低く20年後に無料でパネルを頂けるサービスが登場しております。

最近の電力自由化によって、新しいサービスが増えております。日本エコシステムの「じぶん電力」というサービスです。修理や故障などメンテナンスは電力会社持ちで20年後にはパネルは無料で自分の物になるというサービスでちょっと感心したのと、どんなシステムなのか興味があったので調べました。

簡単に調べた内容について、メリットデメリットを分かり易くまとめてみました。


太陽光パネル 無料 メリット

日本エコシステムの「じぶん電力」のメリット


初期投資0円で太陽光パネルを設置出来る

そのままですが、パネル代や工事費用は全て電力会社持ちですので、ユーザー側は太陽光パネルに関する費用を支払う必要がありません。

20年後にはパネルが無料で譲渡される

20年後ですが、電力会社から太陽光パネルを無料で譲渡されます。太陽光パネルは30年以上使用できる可能性もある事を考えると、通常100万以上のパネルを無料で貰えるというのは非常に魅力的なメリットと考えられます。



電気代が少し安くなる可能性もある?

これはプランによって変わりますので一概に言えませんが、通常の従量制の電気料金よりは少し安い値段設定となっております。しかし、太陽光パネルで発電した電力を利用する場合、電気代は少し高く設定されています。また、オール電化の深夜の安い電気等は使えませんので、深夜電力を有効に使っているオール電化の住宅は逆に電気代が高くなってしまいます。

太陽光パネル 電気代

メンテナンスが不要

万が一故障したり、災害で壊れてしまった場合も電力会社の保証や修理でまかなわれます。 メンテナンスや災害時の不安はありません。


日本エコシステムの「じぶん電力」のデメリット


トータルで見ると割高になる可能性がある。

太陽光パネルを設置して、10年以内に初期投資を回収できる環境の方は、それ以降すべて収入になりますので、20年間の長い期間で考えるとトータルでは金銭的に損をする計算となります。

太陽光パネル 検討

オール電化の安い電気を使えない

通常、オール電化ですと安い深夜電力などを利用して電気代をさげますので、オール電化で深夜電力を頻繁に利用している家庭は電気代がかなりあがる可能性が高くなります。

パネルで発電した電気は電力会社の収入

パネルで発電した電力を利用する事は出来ますが、利用した金額分の電気代を支払う必要があります。あくまでも20年間は太陽光パネルの帰属は電力会社という事となります。その代わり、メンテナンスも初期費用も電力会社持ちという話になります。

太陽光パネル 売電

電気代金が高くなる可能性がある

太陽光発電分の電力を利用する場合、普通の電力会社の料金より高めに設定してありますので電気代が高くなる傾向があります。やはり太陽光を使わずに売った方が電力会社の利益が出る仕組みですので、私たちが太陽光を使う場合はお高くなってしまいます。

また10Kw未満のパネルの場合、住宅用の太陽光売電の契約となり、あまった電力を売る形の契約ですので、太陽光パネルで発電している間は太陽光パネルの電気を優先的に使う事となりますのでその時間は電気代がどうしても高くなってしまいます。

以上がメリットデメリットとなります。 

この契約でメリットを感じられる方は、例えば現在電気とガスを利用されており、オール電化の深夜料金を利用されていない方。 昼間の電気をあまり使われない方。太陽光パネルを設置したいけど初期費用を捻出できない方等となります。

逆にあまり合わない方は、オール電化の深夜電力を有効に使える方初期投資費用を捻出出来る方住宅ローンなどの安い金利で太陽光パネルを設置出来る方。 昼間に電力をよく利用されるかたとなります。

太陽光パネル 初期投資0円

全ての人にメリットがあるという訳ではありませんが、中にはメリットを得られる方も当然いると思います。20年後は無料でパネルを貰えるという内容ですので、多少電気代が上がってもメリットのある方も十分いると思われます。もし導入される際にはよく検討してメリットを最大限に活かせるように導入しましょう