> ローコスト住宅の二世帯住宅

ローコスト住宅の二世帯住宅で後悔しない為に

私自身は、二世帯住宅を建てたわけではありませんが、「二世帯住宅もローコスト住宅で検討した」経験があります。また、様々な方のローコスト住宅での二世帯を建てた口コミを調べながら、色々な方がローコスト住宅での二世帯住宅を建てる際の注意点を紹介したいと思います。

ローコスト住宅の二世帯で意外と高かった

ローコスト住宅メーカーによって異なるお話ですが、ローコスト住宅メーカーにも自由度が高いメーカーと規格にピッタリその通りでないと安くならないメーカーが存在します。

もちろん、ローコスト住宅メーカーでも二世帯住宅を規格しているメーカーも多く存在していますので、ローコスト住宅で二世帯住宅を検討されているなら、『自由度の高いメーカーか、二世帯住宅も規格として提供しているローコスト住宅メーカー』を選びましょう。万が一、規格以外は高くなる自由度の低いローコスト住宅メーカーで二世帯住宅を新築した場合、意外と高くなってしまう可能性があり、後々ローコスト住宅で無くても良かったと後悔するかもしれません。



ローコスト住宅の二世帯住宅

ライフプランにマッチしにくかった

二世帯住宅で難しいポイントに、2つの世帯のライフプランを考慮した上で家づくりを行う必要がある、という事です。当然それぞれの世帯のライフプランを考慮した上で2つの世帯が程よい距離感でストレスなく過ごせる家づくりはとても難しく、多くのノウハウを蓄積したハウスデザイナーや設計士でなければ難しい面があります。

もちろん、ローコスト住宅メーカーにも長年のノウハウを蓄積し、熟練したデザイナーや設計士が多い企業もありますが、どちらかと言えば規格住宅が多く、大手と比べるとどうしても見劣りする部分は否めないでしょう。

ローコスト住宅の二世帯を検討される場合、ローコスト住宅メーカーが提供している二世帯住宅がライフプランにマッチしている時の方がより良いと言えるでしょうし、逆に二世帯住宅に不向きそうなローコストハウスメーカーは避ける様にしましょう。



ローコスト住宅の二世帯住宅

ローコスト住宅メーカーからの提案が少なかった

やはり、ローコスト住宅の特徴ですが二世帯住宅で新築される方が少ない傾向にあり、特に家づくりが難しく複雑な二世帯住宅では、様々なアイディアや仕様、間取りが必要となります。

歴史の浅いローコスト住宅メーカーであればノウハウの蓄積も少ないでしょうし、ローコスト住宅の場合は企画住宅という特質上、1軒1軒の打ち合わせ時間は短く「1つの契約に対して出来るだけ打ち合わせを短く効率的に進めたい」傾向があります。

勿論、ローコスト住宅メーカーでもじっくりと時間を掛けてしっかりと打ち合わせを行うメーカーも存在しますが、そういうメーカーが存在する一方で打ち合わせはそこそこに済ませて、お話をドンドン前に進めていくメーカーも存在しやすいのもローコスト住宅の特徴と言えます。

様々なアイディアの元、2世帯が心地よく住める住まいにはじっくりとした打ち合わせが不可欠です。ローコスト住宅で二世帯を検討されているのなら、後悔が無い家づくりにする為に、じっくりと打ち合わせが行えるローコストコストハウスメーカーを選びましょう。



仲良く話す3世代家族

何となく、二世帯住宅を建ててしまった

ローコスト住宅メーカーのプラン以外は高くなってしまうので、「そこまで深く色々と考えずに建ててしまった」という方も実際にいらっしゃいます。実際にハウスメーカーに訪問すると分かるのですが、何回か訪問して色々と打ち合わせをする中で、断りにくくなってしまいますし、かといってハウスメーカーを複数廻るというのも時間と労力がかかりますので簡単ではありません。

また、ローコスト住宅ではある程度プランが決まっているので、初めての家づくりであれば経験も浅く、「そんなものかな?」と納得してしまう事も往々として発生してしまいます。もちろん、贅沢もせず、仕様を色々つけなければ安くなりますので、コスト的なメリットが大きくなりますから、必ずしも後悔に繋がるとは言えませんが、二世帯住宅であれば住む方も多いので、後々に不満が出てくる可能性はそれだけ大きくなってしまいます。

やはり、ローコスト住宅で二世帯住宅を新築される際は、面倒でも複数のローコストハウスメーカーを訪問してしっかり検討する事が必要でしょう。

ローコスト住宅で二世帯住宅を建てる注意点のまとめ

ローコスト住宅は規格住宅ですので、コスト的なメリットが高い一方で、自由度がどうしても制限されるデメリットが存在します。勿論、ローコスト住宅の提案される二世帯住宅も住まわれる方を考えて規格住宅を打ち出されているので、基本的にはとても住みやすい傾向にあります。

ただし、二世帯住宅は住まわれる方が多い分、後々後悔に繋がる可能性がありますので、より時間を掛けてメーカー選びは住まい選びを慎重にされる事をお勧め致します。