> ローコスト住宅と貯金について

ローコスト住宅で頭金0貯金なしって大丈夫?

良く、ローコスト住宅のチラシで「頭金0でマイホーム」「ボーナス払い無しでの新築」等々の内容があり、「ローコスト住宅だったら貯金無しでも大丈夫なのかな?」と思われるかもしれませんが、やはり貯金があった方がリスクを大きく軽減出来ますので、ローコスト住宅であったとしても貯金があった方が圧倒的に良い事には変わりありません。



マイホーム計画

家賃を払いながら貯めるより効率が良い

私自身も、ローコスト住宅で打ち合わせを行った際に、「やっぱり貯金があった方が色々と考えると良いですよねぇ」とか「奥さんが働き出してある程度貯めてからでも良いかなぁ」という考えもありました。

まぁ、ローコスト住宅メーカー側としては、後々になると他のメーカーに流れてしまうからとか、今建てて欲しいとか色々な思惑があるとは思いますが。「家賃を支払いながら貯めていくよりも、家賃としてローンを払った方が効率的ですよ」と言われた事にすごく納得してしまったのを覚えております。

確かに、アパートの家賃を7万円支払った後に2万貯金して貯めるよりも、9万円をそのままローンに支払った方がトータルの返済で考えると期間が短くなるという事です。



マイホーム計画

毎月3万の貯金でも10年で360万円

我が家で奥さんが働き出しても、子育てに掛かるお金を考えると毎月2万~3万円の貯金をするのが精一杯です。多めに考えて3万円貯金出来ても10年でやっと360万円貯まるという計算です。

もし、新築して10年間家賃7万円+3万円払っていけば、1200万円という計算になり、当然住宅ローンですので金利はありますが、金利で支払う額が多くなるという事を考慮しても、効率的である事には間違いないと考えました。





当然貯金はあった方が良い

もちろん、マイホームを建てるという事はその土地に住み続ける事が前提ですし、住宅ローンも日本の経済情勢で金利が上がる可能性もあります。

貯金で少しでもローンを減らしてリスクを回避出来ればその方がずっと良いでしょう。ただし、我が家の場合もそうですが、家賃は何とか払っていけるけど貯金は全くできない家庭ですと、貯金は永遠に溜まりませんし、頭金0でも新築出来るというのは大きいメリットである事に変わりありません。



マイホーム計画

無理のないマイホーム計画も重要です

家づくりを始めると、「もう一部屋欲しい」とか「床暖房を付けたい」とか、色々な便利な仕様や広々とした間取りにどうしても惹かれてしまいます。

もし貯金があっても、貯金があった分背伸びをして家づくりをされる方も意外と多いのではないでしょうか?生活レベルが高い方は、やはりその生活レベルに合わせて新築をされる傾向にあり、後々給料が下がった時にマイホームを維持できなくなる方も中にはおられます。

後々の支払いに無理が掛からない様に、「本当に家族に必要な間取りや仕様を把握して無理のないマイホーム計画」をされる事も、とても大切です。




ローコスト住宅で貯金無しは可能ですが

実際に我が家でも、貯金0でマイホームを新築して5年以上経ちますが住宅ローンの支払いに問題は起きておりません。

もともと住んでいたアパートの家賃と同じレベルの住宅ローンのマイホームにした事も大きいと思っております。

もちろん、金利は上下しますのでリスクが無いという訳ではありませんが、貯蓄がない方は出来るだけ無理のない形でマイホーム計画を建てられることをお勧め致します。