> ローコスト住宅のフランチャイズ

ローコスト住宅でフランチャイズ制ってあるの?

フランチャイズと言えば、セブンイレブン等のコンビニやモスバーガーで有名なファーストフード店と様々ですが、実はローコスト住宅でもフランチャイズ制を利用しているメーカーが存在しております。

ローコスト住宅で有名なフランチャイズと言えば、ユニテハウスやゼロキューブが該当します。フランチャイズ制を取っているかどうかは、『他の県でも似たようなホームページで同じ商品を別の会社が販売している』『フランチャイズ本部のホームページで加盟店を募集している』等々で見分ける事が可能です。

例えば、ユニテハウスがフランチャイズ加盟店を募集されているページはこちらになります。

⇒ユニテハウスフランチャイズ募集

ローコスト住宅でフランチャイズのメリットデメリットは?

もちろん、フランチャイズ制にはメリットとデメリットが存在します。フランチャイズ制独特の性質と、ローコスト住宅の特徴を踏まえながら紹介したいと思います。

ローコスト住宅フランチャイズ制のメリット

仕入を安くする事が可能

フランチャイズ制の大きなメリットの一つに、スケールメリットがあります。フランチャイズ制では多くの加盟店が加入しており、更に同じ商品を施工しておりますので、同じ材料を大量に仕入れる事で仕入れ値を安くする事が可能となります。

もちろん、通常のローコスト住宅でも仲介業者を極力排除して仕入れ値を安くする事は可能ですが、流石に全国規模のフランチャイズが仕入れている値段で仕入れる事は難しいでしょう。

同じ製品を、更に安く仕入れが可能であれば家の品質を落とさない部分でのコストカットですので、購入する施主様にとってもメリットがあると言えます。


ローコスト住宅とお金

フランチャイズ本部のチェックが入る

フランチャイズ制ですと、フランチャイズ加入店は定期的にフランチャイズ本部からのチェックを受ける事になります。フランチャイズは『ブランドが命』という側面もありますので、加入店には『同じ品質で、同じ施工を行ってほしい』のが当然と言えます。

1社でチェックが完結してしまうローコスト住宅よりも、フランチャイズ本店と施工業者の複数社でチェックが行われるフランチャイズ制の方が、よりチェック体制は高いと言えるでしょう。

もちろん、フランチャイズ本部が1棟1棟全てをチェックする訳ではありませんが、いつ来るか分からない抜き打ちチェックが存在するだけでも、加盟店は施工に手を抜けない要因となります。




ノウハウの蓄積が非常に大きい

フランチャイズでは、全国から上がってくる様々なノウハウを吸収していきながら、欠陥を克服しまた最新の仕様を素早く取り入れるなど、大企業ならではのノウハウの蓄積や新しい仕様への対応が可能となります。

地方の工務店も施工品質が高いのは確かかもしれませんが、最新の工法はなかなか取り入れにくいのが現状ではないでしょうか?


建設中のローコスト住宅

倒産のリスクは低い

フランチャイズ制であれば、もし施工している業者が倒産してもフランチャイズ元が保証して頂ける可能性が高いと言えます。勿論、地元で長年施工されている実績のあるローコスト住宅メーカーであれば問題ありませんが、ローコスト住宅メーカーの中には、設立して間もなく倒産する様な企業も存在するのは事実です。

マイホームは建ててしまったら一生住み続けるのが通常ですので、やはり施工業者は倒産しにくい会社を選びたいのも事実ですね。


ローコスト住宅とお金

ローコスト住宅でフランチャイズのデメリット

フランチャイズ料金が上乗せされる

当然の事ですが、フランチャイズに加入している加盟店はノウハウや非常に安価な仕入れ価格やブランド名という付加価値を得ると共に、それに対する対価を支払わなければなりません。

もちろん、付加価値に見合うだけの対価であればメリットがありますが、フランチャイズによる価値の上昇が大きい場合メリットが無くなってしまう可能性があります。

料金と品質のバランスはメーカーによって異なってきますので、その当たりのバランスの見極めが必要になってくるでしょう。





品質にムラがある可能性

フランチャイズ制でも、実際に施工するのは地方の委託業者となります。特に家づくりは非常に複雑で、細部まで完璧に再現するにはかなりの技術と経験が必要です。

施工中のローコスト住宅

もちろん長年家づくりに関わってこられた工務店がフランチャイズの住宅を施工するのであれば品質が高い傾向にありますが、家づくりとあまり関係のない企業が新規に立ち上げた事業の場合は注意が必要です。




全体業績の影響を受ける可能性も

フランチャイズ制の企業は、他の地方の業績の影響を受ける可能性もあります。 勿論、一旦契約した加盟店との契約がコロコロ変わるという事は起きにくいですが、フランチャイズ本部の業績が悪化する事で、今まで受けていたサービスが受けられなかったり、一部の店舗の不手際が全体のブランドイメージを下げる事に繋がり、加盟店の営業に支障が出る可能性も否定できません。




ローコスト住宅のフランチャイズ制まとめ

ローコスト住宅でもフランチャイズ制が広がっており、多くの工務店やハウスメーカーがフランチャイズのノウハウや仕入れルートを利用されているのが現状です。

フランチャイズ制のローコスト住宅利用される時も、メリットやデメリットをしっかりと把握して、バランスの良いハウスメーカーを選択される事をお勧め致します。