> ローコスト住宅は暑い?

ローコスト住宅は暑い?

ローコスト住宅は、どうしてもお安い住宅ですので、夏は暑く冬は寒いイメージが先行しがちですね。実際にローコスト住宅の夏場はどうなのでしょうか?特に2階の状態が気になりますし、ローコスト住宅の平屋であれば住宅全体の問題に関りますね。



実際のローコスト住宅の暑さは?

我が家はウレタンフォーム断熱ですが、特に1階であれば外が30度程度ですとヒンヤリとしております。但し2階に上がるとやはりちょっと温度が上がる傾向にありますが、少なくとも外より暑いという事は起こりませんし、外よりは快適な状態です。



ローコスト住宅が暑いかどうかは断熱の施工状態次第です

ローコスト住宅では、安い断熱材を利用されているという訳では無く、『実は大手ハウスメーカーと同様の断熱材を利用しています。』問題は、断熱材をしっかりと施工しているか、断熱材の厚みが十分で外の暑さが内部に侵入しない様になっているか?部屋の冷気が外に逃げない様な仕組みになっているかが重要です。




ローコスト住宅の平屋は暑い?

では、ローコスト住宅の平屋は夏場には暑く感じるのでしょうか?やはり、平屋も2階建てと同様にしっかりと断熱材が施工されているかどうかがポイントです。最近は屋根の部分に遮熱材を施工して更に断熱効果を高める工夫をされているローコスト住宅メーカーが増加しております。

日光が直接当たって非常に暑くなるのが屋根の性質ですが、実は屋根の部分の断熱は家全体の断熱に非常に大きな影響を与えますので、遮熱材を家全体に行えない場合も屋根だけはしっかりと遮熱される事をお勧め致します。

特に、平屋でローコスト住宅を建てられる場合は真夏の暑さをしのぐ為にも、屋根の断熱はしっかりと施工しましょう。




ガルバリウム鋼板の屋根の時は?

屋根の材質によっては、室内に熱が伝わり易い可能性があります。特にガルバリウム鋼板の屋根は熱を伝えやすい性質がありますので、断熱をしっかりと施工しないと夏場は暑くなる可能性があります。ガルバリウム鋼板の屋根を選ばれる時は、屋根はしっかりと遮熱材を入れたうえで断熱を施工しましょう。また、ガルバリウム鋼板の屋根以外を選択するのもローコスト住宅の暑さをしのぐうえで大切な手段です。




ローコスト住宅は暑い?のまとめ

基本的にはローコスト住宅でも、大手ハウスメーカーと同じ断熱材を利用していますので、ローコストハウスだから暑いという事は起きません。

ただし、どんなハウスメーカーでも断熱の施工がしっかりとされていなければ真夏に暑い住宅になってしまいます。ローコスト住宅でも、どんな断熱が施工されるかをしっかりとチェックして家づくり計画を行いましょう。