> ローコスト住宅の建売

ローコスト住宅の建売って大丈夫?

建売住宅と言えば、注文住宅と異なり「少しお得」なのが特徴です。大手ハウスメーカーでも、住宅地を建売住宅で敷き詰め、まとめて○○タウン等のネーミングを付けて販売されているのを見かける事もあります。

では、ローコスト住宅の建売であれば只でさえお安いローコスト住宅が更にお安くなりメリットも大きいのでしょうか?そんなローコストハウスと建売の相性について紹介致します。

ローコスト住宅の建売住宅


建売住宅は何故安いの?

では、建売住宅は通常の大手ハウスメーカーでも少しお安い傾向がありますが、どの部分でコストカットを行っているのでしょうか?

施主との打ち合わせの期間が無い

建売住宅では、施主との打ち合わせ等々がありません。勿論打ち合わせが無ければその分人件費を削減する事が可能ですし、特に家づくりの打ち合わせは結構時間が掛かる物です。 家を1軒建てるのに長い期間が掛かれば、それだけ様々な経費が掛かってしまいます。施主との打ち合わせに掛かる経費が0というのがコストカットしやすい一つの理由です。

建売住宅の打ち合わせ


設計の費用が少ない

建売住宅では、施主と細かく内部の間取りや設計を打ち合わせる必要もなく、また設計図を施主様それぞれにカスタマイズして作る必要がありません。

元々ある、過去の設計やデザインを多少変化させながら利用すれば良いので、設計に掛かる費用も非常に少なく住むのも特徴です。設計士の方の人件費は高い傾向がありますので、意外と無視できない経費の削減と言えるでしょう。

建売住宅の設計図


リスクが非常に低くなります

完全注文住宅で難しいポイントの一つに、施主様がご希望されたデザイン通りに施工するという部分があります。実は家づくりでは、どんなデザインの壁紙をどこに貼るのかという事や、窓の枠のカラーの設定や、トイレのペーパーホルダーを何にするのか?フローリングはどこをどんな色にしてどの部分にどんなフローリングを敷き詰めるのか等々、非常に細かい部分までカラーや仕様設定がありますので、当然の事ですが1つでも間違う事は出来ません。

例えばフローリングのカラーを間違えてしまった場合、施主様がやり直して欲しいと言われれば、当然フローリングを全部はがして張り替えるという作業が発生してしまいます。

また、カタログで見た色と実際の商品の印象が異なる場合、例え施主様の希望通りに施工しても問題になる可能性もあります。

あまり好ましい事ではありませんが建売住宅であれば、カラーやデザインが当初の設定より多少ずれたとしても、家がしっかりと施工されていれば問題になる事はありません。

建設中の家


ローコスト住宅の建売は?

ではローコスト住宅での建売はどうなのでしょうか?多くはありませんが、ローコスト住宅でも建売をされているメーカーを見かける事があります。ローコスト住宅の特徴と建売の相性について紹介致します。

施主との打ち合わせが短い傾向に

ローコスト住宅では、規格住宅を提供されている企業が多く間取りや家の仕様をプランから選択する場合が殆どです。0から家づくりを計画する注文住宅と比べ格段に打ち合わせの時間は短い傾向にあります。逆に言えば、建売での打ち合わせ時間が少ないというメリットを既に含んでいるのがローコスト住宅と言えます。




設計費も手間が掛かりにくい

ローコスト住宅メーカーにもよりますが、ローコスト住宅では企画されたプランから選択する形ですので、既に設計図が出来上がっている住宅から選ぶというのが主流となります。何度も打ち合わせを行いながら、プランを計画し設計図を作り出す注文住宅と比べ手間や費用が格段に下がります。この部分も、元々会社にあるプランから家づくりを行う建売と同じと言えます。

ローコスト住宅の設計図


規格住宅のローコスト住宅はミスが起こりにくい

規格住宅のローコスト住宅では、同じ仕様や間取りの住宅を建築する事も多く、1軒1軒全く違う家づくりを行う注文住宅と比べ、職人さんも作業を覚えやすくミスが起きにくい傾向にあります。

もちろん、ローコスト住宅でも完全注文住宅は存在しますので、あくまでもこのお話は規格住宅のローコスト住宅メーカー様についてという事になります。

建売住宅のデメリットとローコスト住宅

建売住宅は価格が安いというメリットがありますが、建売住宅の一番のデメリットは建設途中の建物の状態を確認する事が出来ないという事です。建設途中であれば、『断熱がしっかりと施工されているか』『基礎はしっかりとしているか』『柱やボルトはしっかりと固定されているか』『釘は綺麗に打ち込まれているか』等々が非常に分かり易く、ポイントポイントでしっかりと建設途中の家の状態をチェックする事が可能です。

建売住宅では、『見えない部分に瑕疵があっても分からない』というデメリットが存在します。

やはり、ローコスト住宅でちゃんとした住宅が建つという事は、しっかりとした施工されるかどうかというのがポイントです。

ローコスト住宅では建売住宅と同様なコスト的メリットが含まれておりますので、ローコスト住宅+建売住宅というのはメリットよりも、建設途中の状態が全く分からないデメリットの方が大きくなってしまいます。




ローコスト住宅の建売のまとめ

ローコスト住宅では、既に建売住宅のメリットが含まれているので、多少更に安くなるという理由でローコスト住宅の建売を選択されるのは、あまりお勧め出来ません。

ただし、ローコスト住宅メーカーでも地元で信頼を重ね施工品質が高いと確信できるメーカーであればローコスト住宅の建売でもメリットはまだまだ存在するといえます。

しっかりとハウスメーカーを見定めながら、後悔の無い選択をされる事をお勧め致します。