> ローコスト住宅とミニマリスト

ローコスト住宅とミニマリストの相性は?

ローコスト住宅と言っても、注文住宅から規格住宅まで様々ですので、必ずしもミニマリストにピッタリではありませんが、『暮らしにピッタリサイズのお家』や『必要最低限のスリムな暮らし』等々の企画でプラニングされた規格住宅もローコスト住宅には存在しますので、ミニマムライフを目指したい方はライフプランにピッタリな規格住宅を選びましょう。

ミニマリストなら収納がポイント

ローコスト住宅でも、『大収納の家』や『収納にこだわった住宅』等々、どちらかと言うと収納が多めにある規格住宅がスタンダートという印象を受けます。

ミニマムライフを楽しみたい方は、『収納がたっぷり』というよりは、『必要最低限な収納を効率よく使いやすく設置』というのが基本と言えます。ローコスト住宅では企画住宅が多いので、収納を減らしにくい傾向にありますが、『クローゼットを無くしてそのスペースを部屋に変更する』という変更は簡単に出来ます。

クローゼットや収納を上手に調整しながら、必要最低限な収納を確保しつつ、利便性の良いミニマリスト住宅を計画しましょう。




平屋はミニマリストの醍醐味?

ローコスト住宅でも平屋を提案されているメーカーが多く、必要最低限な居住スペースを快適に過ごす住まいとしては平屋とミニマムライフはとても相性が良いと言えます。

もちろん、ミニマムライフの為に無理やり平屋にする事はお勧め出来ませんが、平屋とライフプランがマッチするならそこにミニマムライフをプラスするのも良い考えです。1フロアで生活が完結するのは、使い方によってはとても便利ですよ。



ローコスト住宅の平屋

ウォークインクローゼットの仕様もミニマリストにはピッタリな場合も

ウォークインクローゼットといえば衣類を収める大収納ですが、使い方によってはミニマムライフにマッチした仕様と言えます。

というのも、ウォークインクローゼットは衣類をパット見て「どんな衣類があるのか?」が分かり易いですし、「衣類を見やすい状態で保存しやすい」のが特徴です。勿論ミニマリストの方であれば、広すぎるウォークインクローゼットはお勧め出来ませんが、丁度良い程よい広さのウォークインクローゼットはお勧めと言えるでしょう。家族全員分の衣類を効率よく収納出来るのもウォークインクローゼットですので、ミニマリストの方でもウォークインクローゼットを検討してみましょう。



ウォークインクローゼット

ミニマリストに相性の良いちょっと収納『ニッチ』

ミニマリストに相性の良い収納の一つに、ニッチがあります。壁をへこませてちょっとした収納やインテリアを飾るスペースとして活用する手段ですが、効率よく便利な場所に収納を設置する仕様として最適です。玄関周りのちょっと収納として利用しても良いですし、テレビやエアコンのリモコン置き場としてもGOOD、またちょっとしたお気に入り文庫を置くスペースとしても利便性が良いです。



ニッチ

ミニマリストにお勧めの洗濯干場

ミニマムライフのもう一つの楽しみ方は、エコライフですね。出来るだけ自然を活用しながら、節約するのもミニマリスト。洗濯物もストレスなく乾燥機などを利用せず過ごしたいなら洗濯干場も工夫しましょう。

屋根付きのバルコニーも良いですし、もっとストレスなく干したい場合はサンルームや洗濯干し部屋を用意するのも一つの手段です。もし洗濯干し専用の部屋やサンルームを設置される場合は、湿気調整用に換気扇等の設備は必ず設置しましょう。




キッチンもミニマムに

キッチンは家事で一番利用する場所ですが、「何かと物が多くなる傾向のある場所」の一つですね。特にミニマムライフを考えられるならキッチンの収納は最低限を確保しつつも、利便性を高めて使いやすくしたいですね。

システムキッチンと言えばどうしても大容量の収納が基本ですので、変更は難しいと思いますが、食器棚等をシンプルにまとめてミニマムライフを実現しましょう。



ミニマムなキッチン

お庭には家庭菜園スペースを

要らない物を極力捨てて、自然や植物に触れ合うと共にお野菜も育てられる家庭菜園はミニマリストにピッタリですね。日当たりの良いお庭のちょっとしたスペースを利用しても良いですし、ベランダの一角を利用しても良いでしょう。

家づくりの段階で準備しておくと、日当たり等を考えて家庭菜園の場所を確保出来るのでお勧めですよ。ミニマリストなら、家庭菜園もこだわりの自然栽培や有機栽培にチャレンジしてみたいですね。




とことんミニマリストに拘る方はデザインも

家をローコスト住宅で新築する時に「本格的にミニマムライフを満喫したい!」ともしお考えでしたら、デザインもシンプル&ナチュラルで統一するのも良いかもしれません。

シンプルな白を中心に統一しても良いですし、ナチュラルなベージュ等のお好みのデザインで良いでしょう。壁を珪藻土にして自然を感じやすいお家にするのもお勧めです。また、『仕様や間取りをミニマリストにするのは、ミニマムライフが出来なかった時を考えると勇気がいるけど、デザインだけでもミニマムライフを!』というノリも良いでしょう。

無理なくナチュラルに行うのがミニマムライフの基本です。自分の背丈にあったミニマムライフを模索してみましょう。



珪藻土の壁

ローコスト住宅とミニマムライフのまとめ

あれこれと欲しい仕様を盛り込む完全注文住宅よりは、必要な部分をスッキリとまとめた企画住宅であるローコスト住宅の方がミニマリストにあう住まいの傾向があります。もし、ミニマムライフをされる予定であれば家づくりの段階で色々と準備しておけば、今後の生活を快適に出来る手助けになるでしょう。

家づくりは一生に一度の出来事です。ぜひ、色々なライフプランを考えながら、家づくりを楽しく満喫される事をお勧め致します。